海外在住デザイナーが仕事で使うMacアプリ&ないと困るツールとサービス

海外在住フリーランスデザイナーが仕事で使う有料アプリ&ないと困るツールとサービス

(記事内のリンクの一部はアフィリエイトリンクです。詳しくはプライバシーポリシーをお読みください。)

この記事では、これなしでは仕事できない必須ツールやプライベートでも手放せないものまで、海外在住デザイナーが仕事でよく使うアプリ&サブスクリプションを紹介します。

では、早速みていきましょう。

(この記事は2020年12月に追記・再編集しました)

好きなところから読む

海外在住デザイナーが仕事で使うMacアプリ&ないと困るツールとサービス

デザイナーが仕事で使う有料アプリ&ないと困るツール

どのアプリやサービスもわたしが実際に使い続けているものです。

クリップボードの履歴を参照できる便利アプリ:Clipy

macOS スニペットアプリ「Clipy」は、ショートカットキーで自由にメニューを呼び出すことができ、いつでもクリップボードの履歴を参照できます(無料)。

普通はコピー&ペーストできるのは一つまでですが、Clipyを使えばそれぞれ違う5つの情報を連続でコピーしたあと、5つそれぞれを好きな順番でペーストできるんです。これが本当に便利で、もう手放せません。

Clipyを使いはじめてから、それまでは2つのアプリを行ったり来たりしてコピペしていた作業も、一度にまとめてアプリAからコピーしたあと、アプリBに移動して一気にペーストできるようになりました。

よく使うスニペット(文章など)はあらかじめ登録しておくこともできます。スニペットはフォルダ分け出来るのも便利で、インポート&エクスポートにも対応しています。

無料で使える!英文法や英単語のミスを自動添削:Grammarly(グラマーリー)

Grammarlyは英語のメッセージの文法とスペルチェックでいつも使っています。

Grammarly for ChromeというChromeの拡張機能を使えば、Chromeで開いているテキスト入力画面内の英文テキストをチェックしてくれるので、本当に助かっています。

定期的にメールで私がよく間違うポイントなどを教えてくれるのもポイントが高いです。

USキーボードで英数/かなを簡単に切り替えられる:⌘英かな

⌘英かなを使うと、左右のコマンドキーを単体で押した時にUSキーボードで英数/かなを簡単に切り替えられるようになります。右側のコマンドキーを押すとかな、左側は英数です(逆にも設定可能)。

⌘英かなを使い始めてから、USキーボードでの日本語入力が格段に快適になりました。もう⌘英かななしの環境には戻れないと思います。

⌘英かなはちょっと古い(2017年の更新が最新)ので、最新OSに対応しているかはわかりません。わたしはMojaveで使っていますが、たまに調子が悪い時はアプリだけ再起動すれば問題なく使えています。

グラフィックアプリケーションのサブスクリプション:Adobe Creative Cloud(アドビクリエイティブクラウド)

アドビクリエイティブクラウド

PhotoshopIllustratorInDesignをメインで利用しているので、アドビのアプリ全てが使えるクリエイティブクラウドに加入しています。

わたしはかれこれ20年くらいイラストレーターやフォトショップを使っていますが、使い始めた当初に比べるとできることが格段に増えました。

サブスクリプション型になってからは毎月の出費が痛いですが、仕事をする上でアドビ以外の選択肢がないので使い続けています。

最近はAdobe Fonts(商用利用可能な和文&欧文フォント)やAdobe Portfolio(ポートフォリオ作成サービス)、Adobe Fresco(ドローイングアプリ)など、デスクトップアプリ以外のサービスも増えてきました。クリエイティブクラウドに加入していればすべて無料で利用できます。

デザインを始めるなら絶対に避けては通れないサブスクリプションです。

月額固定料金で動画やワードプレステーマなどが使い放題:envato elements(エンバトエレメンツ)

envato elementsレビュー

envato elementsはストック動画、ストック写真、フォント、インスタテンプレート、ワードプレステーマなどが好きなだけ利用できるデザイン素材サイト。期間内は何点でも無制限で素材を使用でき、envato elementsの姉妹サイトenvato tutsも無料で利用できます。

年間契約ならひと月あたり16.50ドルで利用できるので、わたしもいつの間にか3回も年間契約を更新してしまいました。

毎月フリーデザイン素材がもらえる無料アカウント登録方法とお得な月額プラン加入方法はこちら

Adobeアプリの代わりにも使えそう:Affinityシリーズ

「アドビのサブスクリプション金額に見合うほど使いこなしていない」「もっと安いアプリを探している」という方にオススメのAffinity

  • グラフィックアプリケーション「Affinity Designer」(通常価格$49.99)
  • 画像編集ソフトウェア「Affinity Photo」(通常価格$49.99)
  • 次世代の本格的パブリッシングソフトウェア「Affinity Publisher」(通常価格$49.99)

の3つのアプリケーション(Mac版とWindows版)があり、Affinity DesignerとAffinity PhotoはiPad版も用意されています。一度購入すれば、アップデート時に追加料金は発生しません。セール時にはさらに割引価格で購入出来ます。

肝心の使用感はというと、アドビのアプリに慣れている方なら直感的に利用できると思います。アプリの動作もスムーズで、このスムーズさに一度慣れてしまうと離れられなくなります。

Keiko
Keiko

Affinityシリーズでは日本語フォントの細かい設定は出来ないので、私はアドビクリエイティブクラウドと平行利用中です。

ピンタレストのピンデザインはAffinity Publisherで行っていますが、InDesignに慣れている方ならすぐ操作になじめると思います。

画像集め&管理の専門アプリ:Eagle

少しずつ集めてきたデザイン素材の量が多すぎて、どうしようか悩んでいる時に使い始めたのが画像集め&管理の専門アプリ「Eagle」。

とにかく動作が早く、画像検索の時にありがちな画像表示で待たされるストレスをほとんど感じません。書類の中身を表示してくれるので、PDFなどもいちいち開かなくても内容が確認できます。

Dropbox(ドロップボックス)

ドロップボックスはクライアントとのデータのやり取り、現在進行系で作業中のデータの保管など、ドロップボックスなしでは考えられないくらい毎日使っています。

もし急にパソコンがクラッシュしたとしても、ドロップボックス内に必要なデータを保存しておけば、他のパソコンを使ってデータを取り出すことが可能です。

▲こちらから無料会員登録すると、500 MB のボーナス容量がもらえます!

かゆいところに手が届くマルチアプリ:Notion

Notion
Notion

Notionは基本的にはメモアプリだと思うのですが、いい意味で多機能すぎて定義しづらいアプリ。ウィキペティアでは以下のように定義されています。

Notionは、タスク、Wiki、およびデータベースを統合するマークダウンサポートを備えたメモアプリケーション及びサービス。 同社はこのアプリを、メモ作成、プロジェクト管理、タスク管理のためのオールインワンワークスペースと説明している。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Notionのメリット
  • テーブル・カレンダー・リスト・ボードなど、複数のビューが自由に設定出来るうえ、簡単に表示形式を変えられる
  • 動作が軽い
  • 無料で始められる

あまりに何でもできるがゆえにNotionでできることをちゃんと覚えないと、かえってとっつきにくいかもしれません。が、その学習コストをかけてでも覚える価値はあると思います。

面倒なMacのメンテナンスがカンタンに:CleanMyMac X

CleanMyMac X

Macの日頃のメンテナンスに便利なCleanMyMac X。パソコンに不要なファイルがたまってきたら通知を送ってくれます。

メンテナンスも簡単で、ボタンを数回押すだけであっという間に完了。わたしのMacの場合は、メンテナンスするたびに10GB以上の無駄にスペースをとっていたファイルを削除してくれます。

Rakuten Ebatesのアプリに無料会員登録し、アプリ経由でCleanMyMacを購入すると、購入金額の5%分のキャッシュバックが戻ってきます。さらに今ならRakuten Ebates経由で初回25ドル分以上購入すると、10ドルのキャッシュバックももらえてお得です。

登録者1000人まで無料!メールマガジン配信サービス:MailerLite(メーラーライト)

MailerLite(メーラーライト)トップページ
MailerLiteではポップアップやアンケートも簡単に作れます

MailerLiteは登録者1000人まで&月12,000通までなら無料で使えるメールマガジン配信サービス。

以前はMailchimpを利用していたのですが、MailerLiteの方が直感的に使えてメルマガが書きやすかったので、こちらに乗り換えました。サービスは英語ですが、日本語のメルマガが発行できます。

▲こちらのボタンからサインアップすると20ドル分のクレジットがもらえます

当ブログのメールマガジン(無料)にも、ぜひ登録を!デザイン素材情報を配信中&当ブログオリジナル無料デザイン素材(商用利用OK)がダウンロードできます。

日本国内最速レンタルサーバー:ConoHa Wing

ConoHa Wing

ConoHa Wingは、日本国内最速のWebサーバー処理速度を自負するレンタルサーバーです。わたしのブログは画像が多いので、おもいきってHostGatorから乗り換えました。

結果としてはブログの表示も管理画面の動作もスムーズになり、満足しています。アメリカからでも登録可能です。

▲こちらのボタンから申し込むと1,000円分のクーポンがもらえます

高クオリティの日本語フォントサブスクリプション:MORISAWA PASSPORT(モリサワパスポート)

モリサワ

日本の印刷物デザインをする上で、高クオリティの日本語書体は欠かせません。

基本書体はもちろん、筆文字やカワイイ系のフォントから欧文フォント、中国語フォント、韓国語フォント、多言語フォントなどを加えた全1000書体以上と、豊富なラインナップです。

さっそく便利なアプリやサービスを使ってみよう

海外在住デザイナーが仕事で使うアプリ&ないと困るツールとサービス

ここで紹介したアプリやサービスは、わたしが実際に使っているものばかりです。どれも便利なものばかりなので、ぜひ使ってみてくださいね。

【期間限定5/18まで】オーバーレイや背景テクスチャたっぷりの写真加工素材バンドル18万円相当が29ドルでセール中

デザインカッツで販売中の「The Creative’s Ultimate Photography Collection」。写真加工にあると便利なデザイン素材をたっぷり収録したお得なバンドルです。

  • 簡単に今っぽい写真に加工できるLightroomプリセット
  • インスタグラムの投稿画像をおしゃれにできるフィルム風フレーム
  • イラストの加工にも使える光のオーバーレイ
  • スクラップブック制作に役立つ背景テクスチャ
  • ゆがみ加工やレトロ風加工が数クリックでできるPhotoshopアクション

参考価格1,639ドル(179,197円)のところ、なんと29ドルの特別プライス。2021年5月18日(火)まで期間限定セール中です。

海外在住フリーランスデザイナーが仕事で使う有料アプリ&ないと困るツールとサービス

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
好きなところから読む
閉じる