【増税前の契約がお得】アドビPhotoshop・Illustratorの年間プラン(一括払い)

悩む前に記事を書こう!初心者がブログを続けるコツ最新版【祝200記事達成】

ブログを続けるコツ

こんにちは! Keiko(@kmy_design)です。

この記事で200記事目ということで!ブログを続けるコツについて語りたいと思います。

今回は、下っ端とはいえ出版メディアと一緒にお仕事させていただいていた経験を盛り込みながら、ブログを続けるコツについて話してみました。

この記事は長いので、最初にざっくり要約するとこんな感じです。それでも長いですね。

  • 「悩む前に記事を書いて投稿→どれくらい読まれたかチェックして自分だけのサンプルを集める→今後の記事に生かす」サイクルを回しましょう。
  • 読者が読みたいのは、読者が求めている答えがある記事と、情報が新しい記事。完璧を求めすぎず、リライト前提で書く方が続きます。
  • 収益や反響が大切なら、デザインよりまずはコンテンツ(=記事)にこだわりましょう。きれいなブログと読まれるブログは違います。
  • 書くだけで満足できる、思い入れたっぷりの記事も書きましょう。ブログをやめたい時の抑止力になります。
  • 記事数が増えるだけで、あなたのブログは読まれやすくなります。
  • 自分のブログに愛着がわき、心理的にやめづらくなるまで記事数を増やしてみましょう。
  • ブログを続けるだけでライバルが消え、記事が読まれ、収益が増えやすくなります。

Keiko

このあとの文章で、各項目について詳しく解説していますよ

では、早速見ていきましょう。

記事にするかしないか悩む時間がもったいない。悩むより記事を書いて自分だけのサンプルを取りにいこう

ブログを書く女性

わたしが200記事まで書いてきた中で痛感したのが「記事にするかしないかで悩む時間は本当にもったいない」ことです。悩む前に記事を書いて投稿→どれくらい読まれたかチェックして自分だけのサンプルを集める→今後の記事に生かしましょう。

読まれるか読まれないか、書く前に悩むのは時間のムダ。

最初のうちは1記事書くのにそれこそ1日がかりになることもあるので「この記事はわたしの貴重な1日を使って書くべき記事かどうか」の判断に悩むわけです。わたしもそうでした。が、悩む時間があったら記事を書いた方がいいです。

先日、ふと目にした@IHayatoさんのツイートを見て思ったんです。「なんでこの人はこんなに量をこなせるんだろう」って。

子供の面倒を見ながら一日にこの量をこなすには、悩んでいるヒマなんて絶対にないはず。

対照的にわたしの方は毎日何を書こうか悩んでいるうちに、悩むことすら面倒になってきました。基本的にナマケモノ体質なんですよ。

「なんでわたしが悩む必要があるんだろう?」「とりあえず書いてスッキリした方がラクかも」と思い始めました。

悩む前に記事にして、読者の反応を見よう(=自分だけのサンプルを取ろう)

書くか書かないか迷ったら、まずは形にしましょう。

Keiko

法律に触れるかなど必要最低限のことはチェックしてくださいね

記事を読むか読まないか、ウケるかウケないか決めるのは、あなたじゃありません。読者です。

記事候補をいくつかツイートして、フォロワーの反応を見てから記事にするのもいいですよね。

このやり方は@manabubannaisさんがよく使っているのを見かけます。

Keiko

わたしはまだ戦略的にツイート出来ないので、あれこれつぶやいた中でほかより反響が大きかったツイートからヒントをもらって記事を書くことが多いです

もし一生懸命書いた記事が読まれなくても「読まれない記事は何か」がわかる

「書くか書かないか迷って、世に出なかった記事」と「エネルギーを注ぎ込んで書いたけど誰にも読まれなかった記事」の違いは「前者は読者の反応が永遠にわからないけど、後者はわかった(=サンプルが取れた)」ことです。

あなたがもし、いま持っている力を1000%出し切って書いた記事が全然読まれなかったら…こんな悲しいことはないですよね。わたしもだいたいいつも落ち込んでます。

でも「この記事が読まれなかった原因はなんだろう?次はどうしようかな?」と今まで書いた記事を参考に次の手を考えることが出来るって、本を読むよりも他人のブログをチェックするよりも大事なことです。

「記事を書いて、読者の反応を見て(サンプルをとって)、次の記事に生かす」を繰り返すと、読まれる記事を書きやすくなります。

Keiko

大手メディアも目立たないだけで、スベってる番組・企画・記事は星の数ほどあります。

同じ内容でも発信者が違うと反響がまるで違う。だから自分だけのサンプルが必要

ここで悲しいお知らせを一つ。「よっしゃ!これなら絶対ウケるはず!」と思ったものでも、あなたが発信するのと影響力のある人が発信するのでは、反響が天と地ほどの差がでます。

例えば、フォロワー数およそ35,000人のプロ奢ラレヤーさんがリツイートしたグラフィックデザイナーの求人広告があったんですが、実はわたしも数ヶ月前全く同じものをリツイートしていました。

わたしのものは反響がほとんどなかったのに対し、プロ奢ラレヤーさんの方は何千ものいいね!がついていたはず…(見つけられなかったので貼れませんが、ハッキリ覚えています)。

また、本のデザインに携わっているなら知らない人はいないであろう祖父江慎(そぶえ・しん)さんから、わたしのツイートに返信をいただいた時のインプレッション数はおよそ3,000。↓この返信だけで、ですよ。巨匠、おそるべし。

誰が発信しても比較的ウケやすいコンテンツはあると思いますが「誰が発信しても100%ウケる」と断言できるかと聞かれたら…できないですよね。「誰が」発信するかは重要です。

じゃあどうしたら「あなたが」反響の高いコンテンツを発信できるようになるのか?これは自分でやってみるしかありません。思いつくことはとにかく試して、自分だけのサンプルを取り続けましょう。

100%を目指さない。読まれている記事を中心に後からリライトする

タイプライティング

ブログを続けていく上で大切なのは、完璧を目指さないことです。ナマケモノのわたしにとって「どこで手を抜くか」は、いつも優先順位の高い課題。

いろいろ試した結果「とりあえず記事にして、読まれている記事を中心に後から完成度をあげていく」方法が自分にあっていることがわかりました。

読者が求めているのは「探している答えが書いてある記事」

読者が必死に探しているのは「正解が書いてある完璧な記事」じゃありません。「読者が求めている答えが書いてある記事」です。

例えば、楽してやせるダイエット方法を探していたとして「楽してやせるなんてあり得ない!栄養管理を徹底して、運動もトレーナーの元で行いましょう」という記事が見つかったらどうでしょう?

まあ、言いたいことはわかります。あなたの言うことは正しいです。でも、楽してやせたいんだよおおおお!!!ぐうたらでも痩せたいの!

と、わたしなら発狂するでしょう。

そして、もし「テレビを見ながら一日15分軽く運動するだけ。一年かかったけど、ウエストー5cm!体重は2キロダウンしました」という記事を見つけたら…

そうそう、もうちょっとはやく結果が出るといいんだけど、こういうのを探してたんだよねえ。やっぱ楽してやせる方法あるじゃん!

と、後者の記事を読んだ方が満足出来るでしょう。読者は確実に成果が出る、厳しい管理が必要なダイエットではなくて、楽してやせる方法を探していたんですから。

「読者が探している答え」は時間の経過とともに変わることもある。完璧さより新しさを大切にしよう

読者が探している答えは年月とともに変わってしまう可能性があります。最初から100%を目指さず、リライト前提で記事を書いた方がいいでしょう。

例えば、今はやっているマンガについて記事を書いたとしても、来年にはブームが過ぎてしまう作品がきっと出てきます。そうなるとリライトしたり、新しい記事を書いた方がいいですよね。

完璧な内容の「3年前に流行ったマンガ10選」よりも、ちょっと荒削りでも「いま注目の新人作家のマンガ10選」の方がきっと読まれるはずです。

収益や反響が大切なら、デザインよりコンテンツ(=記事)にこだわろう

コンテンツが大事

あなたのブログの目的は何ですか?もし収益化がメインだったり、読者を増やしたいなら、デザインよりコンテンツ(=記事)にこだわりましょう。

ブログ継続のキモは、読者からの反響や記事から上がる収益にあるといっても過言ではありません。「反響」や「利益」は、あなたのコンテンツが良ければ良いほど大きくなります。

多くのブロガーが「反響」や「利益」を得られないままブログをやめていくのが現状です。

あなたが目指すのは、きれいなブログ?それとも読まれるブログ?

あなたが目指すのは、キレイで美しいブログでしょうか?それともコンテンツが充実した読まれるブログでしょうか?

両立するのが理想ですが、一日もはやく読まれるブログにしたいなら、デザインより記事を増やすのに集中しましょう。記事を書いて読者の反応をみながら、より読まれるコンテンツを増やすのが先です。

ここで、デザインの力で出来ること、出来ないことを整理しておきましょう。これ、重要なポイントです。

デザインの力で出来ること
  • コンテンツを「面白そうにみせる」こと
  • 多くのブログの中から見た目の良さであなたのブログを選ばせること
  • 適切な文字の大きさや配色などを設定し、読者に情報(=文章やデータ)をスムーズに理解させること
  • コンテンツを誤解がないように、正しい順番で読ませること
デザインの力で出来ないこと
  • コンテンツそのものを面白くすること

残念ながらデザインの力でコンテンツを「面白そうにみせる」ことはできても、コンテンツそのものを面白くすることはできません。

言いかえると、デザインはまあまあでも、コンテンツのクオリティが高ければ成果につながります。

マンガで例えるなら、絵がキレイだけどストーリーがイマイチな作品と、絵はまあまあだけどストーリーにグイグイ引き込まれる作品と、どちらが読みたいですか?という話です。

ストーリーが面白いマンガ(記事が充実したブログ)はファンがついて長期連載になり、たくさん描くうちに画力も向上する(デザインを改良し続けられる)もの。

しかし、物語に引き込まれない作品(読み応えのないブログ)にはファンがつかないので、ドキドキする展開になる前に連載終了(反響がうすく、途中で更新ストップ)…悲しいことですが事実です。

また、ここまで読んで「コイツ文章ヘタクソだよなあ」と思っているあなたも、ここまで読んでいただいてありがとうございます。

ライティングは現在勉強中なので、この記事を読むだけでも、文章のつたなさが十分わかるはずです。

それでもなお読んでくださっているということは、ライティング能力の低さに目をつぶってでも、この記事で私が何を伝えようとしているか(=コンテンツ)に興味を持ってくださっている、ということですよね?

見かけ(デザイン)も大事ですが、やっぱり「コンテンツ is キング」なんですよ。

Keiko

ライティングもブログを更新すればするほどうまくなりますよね、きっと…

ブログの方向性が決まった後でデザインに力を入れても遅くない

記事をある程度書いてみて、方向性が決まったあとでデザイン面を考えはじめても遅くありません。むしろ方向性が決まった後の方がデザインしやすいです。

Keiko

はっきり言うと、方向性がハッキリしていないものをデザインするのは、デザイナーでも難しいです

逆に、最初にデザインをガッチリ決めてしまったら、はじめに決めた方向性と違う記事を書きにくくなることもあります。

もしあなたがもう複数のブログを持っていて、さらに新しいブログをたちあげるなら、最初からデザインを作り込んでも問題ないでしょう。

しかし、初心者はブログのデザインより書きやすい記事を探したり、読まれる記事を書くことにまず集中するのがオススメです。

有料テーマを使って最低限の使いやすさとデザインを手に入れて、記事執筆に集中しよう

ワードプレスの有料テーマを使えば、デザインを心配せずにブログ記事が書けます。

ブログを成功させたいなら、デザインよりも記事を書くことに集中すべきだと先ほど説明しました。

けれども、実際にはボタンの大きさや配置など、ユーザーがストレスなく文章を読み進めるために最初から考えておくべきこともあります。

Keiko

有料テーマなら、デザイン面の基本的な設定はすでに済ませてあります。こんな便利なものがあるなら、使わない方がもったいないですよね

必要最低限のデザインは有料テーマにお任せして、記事の更新に集中しましょう。

次のページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください