デザインカッツ英語サイトの2ドル素材集セール

飲食店・レストランメニューを自分でデザインvsデザイナーに頼むメリット&デメリット比較

レストランでメニューを見る女性

レストランのメニューのデザインって結講大変!

写真やメニュー名など、要素が多くなればなるほどうまくまとめるのに苦労するからデザイナーに頼みたいけど、デザイナーに頼むとデザイン料金が高くつくし、それならアプリケーションの使い方を覚えて自分でデザインしたほうが安上がりかも…

こんにちは! Keiko(@kmy_design)です。

この記事では自力でデザインする時とプロのデザイナーに頼むときのメリットとデメリットについて書きたいと思います。

この記事を読めば

  • 自分でメニューをデザインするメリット&デメリット
  • プロのデザイナーに発注するメリット&デメリット
  • 自分でメニューをデザインすべきケースと、デザイナーに頼んだほうがいいケースの違い

がわかりますよ。では早速みていきましょう!

自分でメニューをデザインするメリット

まずは自分でメニューをデザインする時のメリットを考えましょう。

  1. 全て自分の思い通りにできる
  2. デザイン費用を節約できる

①全て自分の思い通りにできる

自力でデザインする最大のメリットは、やはり全て自分の思い通りに出来ることです。

Keiko

売り出したいメニューを他より目立たせたり、好きな色を使ったり、自由自在です!

デザインツールに興味があるなら、こちらの記事がおすすめです。

ノートパソコンで働く女性illustrator代替に!デザイナーのおすすめ無料デザインツール・アプリ【ブラウザやスマホで使える】

②デザイン費用を節約できる

プロに頼まない分、メニュー制作にかかる費用を大幅に節約できます。

自分でメニューをデザインするデメリット

店員と話しながらメニューを決める様子

読みやすくてわかりやすいメニューがあれば、注文をとる時間も節約できます。

自分でメニューをデザインするデメリットは、こちらになります。

  1. デザインに時間がかかる
  2. 出来上がったメニューが思ったようにお客様に読んでもらえない可能性も
  3. よくわからないうちに、使ってはいけない写真やイラストを使ってしまいがち

①デザインに時間がかかる

全て自分でやるので、当然時間はかかります。

メニューの量が多くなければ大丈夫ですが、多いと時間がかかりすぎて途中で挫折してしまう可能性も。

Keiko

最初に自分で作ろうとしたけど難しくて、やはりデザイナーに頼むことにしたというお客さまも多いですね

②出来上がったメニューが思ったようにお客様に読んでもらえない可能性も

せっかくがんばって作ったメニューなのに、文字が小さすぎて見えづらかったり、情報を詰め込みすぎてメニューの理解に時間がかかったり…予想外のことが起こる可能性があります。

③よくわからないうちに、使ってはいけない写真やイラストを使ってしまいがち

「ネットで見つけたこれ、いいと思ったから使っちゃった!」と、ネット上で偶然見つけたイラストや写真を使ってしまうのは危険です。ネット上で使われている写真やイラスト画像にも著作権があるからです。

素材が欲しい時は、必ずデザイン素材サイトから見つけるようにしましょう。

デザイン素材商用利用可能も多数!デザイン素材サイト一覧【フォント・写真・イラスト・テンプレート・テクスチャ・パターン・Procreateブラシ】

また、無料素材の使い方については、こちらの記事が参考になります。

フリー素材を使う女性フリー素材で失敗しない!使う前に読みたい無料デザイン素材のカラクリと注意点

プロのデザイナーにメニューデザインをお願いするメリット

ここからはプロのデザイナーにデザインを頼むメリットを考えましょう。

  1. クオリティの高いデザインができる
  2. メニューデザインにかける時間を節約できる

①クオリティの高いデザインができる

プロに頼む最大のメリットは、クオリティの高いデザインのメニューになることです。

見た目もさることながら、読みやすさ、わかりやすさにも配慮したデザインができるのはプロならではです。

②メニューデザインにかける時間を節約できる

構成を考えて、デザインして、印刷して…といったプロセス部分の大部分をデザイナーに任せることができます。

デザイナーによっては構成を考えるところから一緒にやってくれる人や、印刷の注文まで請け負ってくれる人もいます。

プロのデザイナーにメニューデザインをお願いするデメリット

メニューデザインを考える女性

デザイナーに発注する時のデメリットもいくつかあります。

  1. 自分の思っていたものと違うデザインが出来上がる可能性がある
  2. デザイン料金がかかる

①自分の思っていたものと違うデザインが出来上がる可能性がある

自分の想像とは違うデザインが出来上がる可能性があります。ここでは三通りの解釈があります。

  1. デザイナーがただ自分の好きなテイストを提案してきた
  2. デザイナーが何か勘違いしたままデザインしてしまった
  3. デザイナーがクライアントの目的、やりたいことを理解した上で、
    クライアントのイメージとは違うものの、目標を達成するためのデザイン案をつくった
1と2はやり直しができないかすぐ相談するべきです。

3に関しては意図を説明してもらった上で、どうするか判断しましょう。

happy designerたった一言の差!デザイナーを動かす良いデザイン修正指示とダメな依頼【具体例で解説】

②デザイン料金がかかる

もちろんデザイン料が発生しますので、自力で制作する場合と比べると費用はかさみます。

あなたはどちらのケースでしょうか?

では、どういったケースなら自力でデザインするべきでしょうか?

  • 時間に余裕がある
  • 過去にデザイナーに発注したことがあり、ある程度プロセスは理解している
  • 全て自分の思い通りにしたい
  • メニューの量自体があまり多くない、またはごくシンプルなデザインにしたい
  • デザインのかなり具体的なイメージがある
反対に、プロに頼むべきなのはどういったケースでしょうか?
  • 自分で作るほど時間に余裕がない
  • プロと相談しながらベストなメニューを制作したい
  • メニュー制作の手順がわからない
  • 全くイメージがわかないのでプロにお任せしたい
  • メニューの量自体が多い、または写真を多用した複雑な構成のメニューを作りたい
レストランでメニューを見る家族英語レストランメニューデザインのポイント&便利なテンプレート紹介

さいごに&まとめ

帰り際の男性 なんとなく惰性で何年も同じメニューを使っているので変えたい場合、新規開店のお店に合わせたメニューが必要な場合、状況は様々です。

お店にとってベストな選択ができるといいですね。

また、このブログの中の人Keiko(デザイナー)はレストランメニューデザインのお仕事を承ってります。お気軽にご相談ください。

portfolio誌面広告・ポスター・フライヤー・レストランメニューデザイン例【お仕事紹介】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください