最新情報を配信!メルマガ登録者募集中です

フォント・テンプレートが充実!デザイン素材サイトCreative MARKETの使い方【ライセンス・会員登録方法】

こんにちは! Keiko(@kmy_design)です。

Creative MARKET(くりえいてぃぶまーけっと)ってどんなサイト?何が買えるの?

商用利用できる?ライセンスは?

使い心地はどう?

この記事を読めば、質問の答えがわかります!

▼この記事の内容

  • Creative MARKETってどんなサイト?
  • Creative MARKETの使い方
  • Creative MARKETのライセンスについて
  • Creative MARKETのアイテムは高い?安い?
  • デザイナーKeikoのぶっちゃけCreative MARKETレビュー

これまで様々な角度からデザイン素材サイトを比較してきたデザイナーKeikoが、今回はCreative MARKETを徹底レビューします。

Creative MARKETのサイトへ行く

では、早速いってみましょう。

(Disclosure:記事内のリンクの一部はアフィリエイトリンクです。詳しくはプライバシーポリシーをお読みください。)

Creative MARKETって何?どんなサイト?

Creative MARKETホーム画面

女の子

一言でいえば、Creative MARKETは世界最大級の有料デジタルデザイン素材販売サイトです。

Creative MARKETの規模は現在(2018年7月2日)以下のようになっています。

  • 2,391,266商品をそろえ
  • 4,792,671人の会員がいて
  • 27,377店が集まる

Creative MARKETで買えるものは以下の通りです。

  • 写真
  • グラフィック素材(アイコン・イラスト・パターンなど)
  • テンプレート(プレゼン資料・名刺・インスタグラムなど)
  • テーマ(ワードプレス・Tumblr・Bootstrapなど)
  • フォント
  • アドオン(ProcreateブラシPhotoshopアドオンなど)
  • 3D画像 など

Creative MARKETはただ購入するだけでなく、素材の売り手としても参加できます。

売り手としてのメリットはこちらです。

  • 400万人もの会員に素材を売るチャンスがある
  • 売上の70%が売り手に渡される
  • 商品の値段を自分で決められる
  • Creative MARKETの承認を待たずに商品をすぐに販売できる。

Creative MARKETのサイトへ行く

クリエイティブマーケットでは毎週週替わりでデザイン素材が無料ダウンロードできる

creativemarket無料素材

Creative MARKETでは、毎週週替わりで無料ダウンロードできる素材が人気です。

毎週6点の異なる素材を全て無料でダウンロードできます。アイコンやフォント・パターン・テンプレートなど、毎回バラエティにとんだラインナップです。無料でダウンロードした素材も、もちろん商用利用可能!

Keiko

毎週月曜日に無料アイテムが入れ替わるので、要チェックです

無料デザイン素材のダウンロード方法は、こちらの記事の最後に日本語で紹介しています。

Creative MARKETの基本的な使い方と会員登録の手順

Creative MARKETの基本的な使い方と会員登録の手順を説明します。操作はシンプルなので、ちょっと英語が…という方でも、ぜひ辞書を使いながら目的の素材を探してみてください!

Creative MARKETのサイトへ行く

クリエイティブマーケットの基本的な使い方

▼Creative MARKETロゴの真上にある「Get Free Goods」をクリックすると、今週のフリー素材ページにジャンプします。

CREATIVE MARKET使い方

▼Creative MARKETロゴと同じ列の右に並んでいるのがカテゴリー名です。カテゴリー名をクリックすると以下のようにサブメニューが表示されます。

cm-サブメニュー

▲サブメニューの中から見たい項目を選んでクリックするだけ。他のカテゴリーも同様です。

Keiko

あるいは画面右上の検索バーからキーワードで素材を探すことができます。

クリエイティブマーケット会員登録の手順

Creative MARKET会員登録

▼画面右上の「Join Now(今すぐ参加する)」をクリックすると、中央に新しいウィンドウが表示されます。

▼会員登録方法は2種類。Facebookアカウントを利用する方法か、メールアドレスを登録する方法です。「Continue with Email(Eメールを選択して次へ進む)」の緑のボタンをクリックします。

Creative MARKET会員登録
Creative MARKET会員登録

▼会員情報登録画面が表示されるので、空欄に必要な情報を入力します。

  • Create Your Free Account:無料アカウントを作成する
  • Sign up using Facebook:Facebookを使って会員登録する
  • First Name:名
  • Last Name:姓
  • Email:メールアドレス
  • Username:ユーザーネーム
  • Password:パスワード
  • Sign Up:登録する

By creating an account, you agree to our terms and privacy policy.:アカウントを作成することにより、利用規約とプライバシーポリシーに同意したことになります。

Already a member? Sign In :もう会員登録済ですか?ログイン→

「Sign Up(登録する)」ボタンをクリックしたあと、登録確認メールが届くので、承認すれば会員登録は完了です。

Creative MARKETのサイトへ行く

Creative MARKETでの有料素材購入方法&無料素材のダウンロード方法

creative market
このアイキャッチの作り方はこちらの記事で紹介しています

Creative MARKETの有料素材購入方法を、日本語でプロセスごとに画像つきで説明した記事はこちらです。

無料デザイン素材のダウンロード方法は、こちらの記事の最後に日本語で紹介していますよ。

Creative MARKET(クリエイティブマーケット)のライセンス

Creative MarketライセンスQ&A

Creative MARKETはライセンスが2種類あります。

Standard License(スタンダードライセンス)とExtended License(拡張ライセンス)です。

スタンダードライセンス、拡張ライセンスともに個人利用は複数のプロジェクトに無制限に使用できます。

赤枠内はCommercial Use(商用利用)とEnd Product for Sale(販売用製品)についてです。以下は和訳です。

 スタンダードライセンス拡張ライセンス
商用利用1プロジェクトのみ*1プロジェクトのみ*
販売用製品1プロジェクトのみ、500個まで*1プロジェクトのみ、製品数無制限*

*インストールアイテム(フォントとアドオン)は(1コンセプト内で)使用回数無制限で販売用製品に使用可能。

販売用製品数が501個以上になるプロジェクトに素材を利用する場合は、拡張ライセンスつきの素材を購入してください。

詳しくはライセンス FAQのページを確認してくださいね。

Creative MARKETのサイトへ行く

Creative MARKET(クリエイティブマーケット)のアイテムは高い?安い?

Creative MARKETのアイテムは、ライセンスによって値段が異なります。

スタンダードライセンスの商品は安いですが、拡張ライセンス商品はスタンダードライセンス商品の数倍(中には20倍以上のアイテムも!)の値段になることがあります。

同じ素材でも購入するサイトによって利用範囲や値段が異なります。拡張ライセンスでの購入を検討している素材がある場合は、他のサイトでも同じ商品が安値で売られていないか探すことをオススメします。

詳しくはCreative MARKETとデザインカッツを比較したこちらの記事が参考になります。

デザイナーKeikoのCreative MARKETぶっちゃけレビュー

ここからはわたしがデザイナー目線でCreative MARKETを正直にレビューしていきます。

Creative MARKETの好きなところは?

やっぱり週替わりの無料アイテム!購入したアイテムが管理しやすいところもいいです。

無料期間以外は有料で販売されている素材なので、無料のうちに絶対ダウンロードするべき!

特にデザイナーは今すぐ必要なくても、とりあえず全部ダウンロードしておいてOK。後から使える可能性があります。

ダウンロードしたアイテムは全て、自分のアカウントからいつでもダウンロードできるところが気に入っています。一覧で見渡せるし、値段やカテゴリーなどでも検索できるので探しやすいです。

購入したアイテム一覧

Creative MARKETの残念なところは?

拡張ライセンスがびっくりするくらい高いアイテムがあるところと、写真が探しにくいところです

拡張ライセンスアイテムがかなり高額な素材もちらほら見かけます。できればもう少し値段を下げてくれると嬉しいんですが…。

写真に関してはクオリティは問題ないんですが、ちょっと探しにくいですね。Shutterstockの方が探しやすいです。

Creative MARKETの中でオススメのアイテムは?

ずばりテンプレートです!

インフォグラフィックスやインスタグラム・レストランメニュー用など、あると便利なテンプレートがたくさん買えます。

反対に、Creative MARKETの中でオススメしない素材は?

特にありませんが…たま〜にクオリティの低い商品もあるので、それは買わないように気をつけて!

Creative MARKETのサイトへ行く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください