【増税前の契約がお得】アドビPhotoshop・Illustratorの年間プラン(一括払い)

ピンタレストはインスタグラムやツイッターと何が違うの?メリットとデメリットをヘビーユーザーが解説

ピンタレストはインスタグラムやツイッターと何が違うの?メリットとデメリットをヘビーユーザーが解説

ピンタレストってそもそもインスタグラムやツイッターとどこがどう違うの?
わざわざピンタレストを使うメリットは何?
ブログ集客のためにピンタレストは使える?使うべき?

こんにちは! Keiko(@kmy_design)です。

今回はピンタレストヘビーユーザーが、インスタグラムやツイッターとピンタレストは何が違うのか、メリットとデメリットを挙げて解説したいと思います。

ピンタレストがウェブサイトへの集客にいいと聞いたけど、いまいちピンとこなくて迷っている方や、なんとなく興味はあるけどツイッターやインスタグラムとの違いを知りたい方にオススメの記事です。

では、早速みていきましょう。

(Disclosure:記事内のリンクの一部はアフィリエイトリンクです。詳しくはプライバシーポリシーをお読みください。)

ピンタレストはインスタグラムやツイッターと何が違うの?メリットとデメリットをヘビーユーザーが解説
▲いいね!と思ったらぜひピンしてください

ツイッターやインスタと比較したPinterestを使うメリット

ツイッターやインスタと比較したPinterestを使うメリット

まず最初に理解しておきたいのは「ピンタレストはSNSではない」ということです。ピンタレストは画像をブックマークとして集めるツールです。

▼詳しくはこちらの記事をご覧ください。

参考 Pinterest(ピンタレスト)とは?インスタグラムとの違いや基本的な使い方を知ろうソーシャルメディアラボ

ピンタレストはSNSではないので、SNSのストレスがたまりがちな点に振り回されません。

▼Pinterestヘビーユーザーが考える、ツイッターやインスタと比較したPinterestを使うメリットはこちらです。

  1. ピンタレストはSNSに比べてピンの寿命が長い
  2. 自分で作ったピンがゼロでも月間閲覧者数が増やせる
  3. フォロワーとのコミュニケーションが不要
  4. フォロワー数よりピンやボードのクオリティが大切=初心者でもチャンス大!
  5. フォロワーに振り回されにくく「自分がやりたいことや好きなもの」に集中できる
  6. インスタグラムやYouTubeの投稿をピンタレストのピンにできる

メリット①:ピンタレストはSNSに比べてピンの寿命が長い

Updated: Lifespan of a Social Media Postによると、ピンタレストのピンの寿命はソーシャルメディアに比べてかなり長いです。

  • Facebook:5〜6時間
  • Instagram:最大48時間、ストーリーズは24時間
  • Twitter:15〜20分
  • Pinterest:3ヶ月

ツイッターのように一夜で何万回もツイートされるような即効性はありませんが、わたしのPinterestアカウントでも半年以上前に作ったピンがリピンされたり、ピンからブログを見に来てくださる方がいたりします。

もちろんピンタレストの日本でのアクティブユーザー数は、上で紹介したSNSに比べると少ないです。でも、一回作ったピンがここまで長持ちすることを考えれば挑戦してみても損はないのでは、と思います。

メリット②:ピンタレストは自分で作ったピンがゼロでも月間閲覧者数が増やせる

SNSでは自分で画像を用意したり文章を考えたりしてコンテンツを作る必要があります。

これに対してピンタレストでは、他のユーザーが作ったピンを自分のボードにピンするだけで、自分のボードのコンテンツがどんどん増えていきます。もし自分で作ったピンがゼロでも、ピンのクオリティとボードの内容次第で月間閲覧者数やフォロワーを増やすことができます。

用語解説【リピンする】
リピンとは他のユーザーが作成したピンを自分のボードに加えることをいいます。

わたしのピンタレストアカウントの月間閲覧者数が14万人になった時、自分で作ったピンはほとんどありませんでした(100もなかったと思います)。

もちろん他のウェブサイトへの流入を見込んでピンタレストを始めるなら自分のピンはどんどん作るべきですが「何をピンすればいいかわからないけど、とりあえず使ってみたい」「毎日ピンが作れない」という方でも気軽に始められます。

自分のピンが作れない時は、誰かの素敵なピンをリピンすれば大丈夫です。

メリット③:ピンタレストはフォロワーとのコミュニケーションが不要

パソコン作業をする若い女性

「コミュニケーションはあまり得意じゃないけど、自分のサイトを一人でも多くの人に見てもらいたい」「ブログの新着記事をツイートしたりFacebookに投稿する時間がない」と言う方には、ピンタレストは特にオススメです。

ピンタレストはSNSではないので「コメントを返さないと」「DMの返信しないと」「フォローされたからフォロバしないと」といったフォロワーとのコミュニケーションは基本的にありません。

また、自分のサイトにPinterestの保存ボタンを設置するだけで、そもそもピンタレストのアカウントを作らなくても、誰かがあなたのサイトの画像をピンしてくれるかもしれません。

ウェブサイトへの保存ボタンの設置方法

https://kmy.website/blog/wp-content/uploads/profile-pic.jpg
Keiko

フォロワーとのコミュニケーションでフォロワー数を伸ばすのが得意な方にとっては、ピンタレストは使いにくいかもしれません。

メリット④:ピンタレストはフォロワー数よりピンやボードのクオリティが大切=初心者でもチャンス大!

ツイッターやインスタグラムはフォロワー数の多い方の投稿が伸びやすい傾向がありますが、ピンタレストはフォロワー数があまり関係ありません(ちなみに付け加えて置くと、ピンタレストはSNSではありません)。

フォロワー数に関係なくクオリティの高いピンがどんどん拡散していくので、フォロワーが少ない初心者でもチャンスがあります。

▼実際にわたしが月間閲覧者数を2ヶ月で3000人から140,000人に増やした方法は、こちらの記事で紹介しています。

メリット⑤:ピンタレストはフォロワーに振り回されにくく「自分がやりたいことや好きなもの」に集中できる

▼SNSでありがちなこんな悩みも、ピンタレストなら気になりません。

  • SNSでフォロワー数の増減に一喜一憂するのに疲れた方
  • ツイッターでフォロワーの多いユーザーの意見や「いいね!」がたくさんついたツイートについ流されていると感じている方
  • インスタグラムやFacebookで友人の投稿に「いいね!」するのが義務を通り越してもはやストレスに感じている方

ピンタレストはSNSと比べるとフォロワー数があまり重要視されないので、フォロワー数を気にせずコンテンツ作りに取り組めます。

TwitterやInstagramだと「フォロワー数はフォロー数より多い方がいい」と言われたりしますが、ピンタレストではフォロー中の人数が増えることで、むしろあなたの好みをPinterestのアルゴリズムが学習して、よりあなたの興味に合いそうなピンをホームフィードに流してくれます。

https://kmy.website/blog/wp-content/uploads/profile-pic.jpg
Keiko

好きなユーザーを数を気にせず好きなだけフォローできますよ

そしてピンタレストのフィードではフォロワー数やリピン数が表示されないので、自分の感性や気分で「これいい!」と思ったピンだけリピンできます。

また、そもそも「いいね!」ボタンがない(自分が参加しているグループボード内でのみ表示されます)ので「あの人のピンなら必ず『いいね!』しないと!」というプレッシャーもありません。

ピンタレストでは一度増えたフォロワーは減りにくい

わたしのピンタレストアカウントには、おそらく日本語が読めなさそうなフォロワーもたくさんいます。が、インスタグラムと違って彼らはすぐにフォローを解除したりしません。

ピンタレスト側がうまく処理してくれるおかげで、たとえどんな言語でも自分の興味にあうピンがホームフィードに流れてくるのと、画像のおかげで言語の壁は超えやすいからです。

▼わたしのアカウントでは月間閲覧者数が50万人減ったことがありましたが、フォロワー数は減りませんでした。

ピンを増やせば増やすほど、フォロワー数は右肩上がりに増えていきます。フォロワーの増減が激しいインスタと比べると、初心者でも取り組みやすいサービスと言えます。

メリット⑥:インスタグラムやYouTubeの投稿をピンタレストのピンにできる

インスタグラム

インスタグラムもFacebookもツイッターもYouTubeもやっているのに、さらにピンタレストなんて時間がなくて無理!と思った方もいるでしょう。

そんな方はインスタやYouTubeの投稿をPinterestのピンにするのはどうでしょうか?簡単にできる上、ビジュアル重視のピンタレストと相性抜群です。

特にインスタグラムとPinterestは「ビジュアル面のクオリティが高い投稿やピンが人気になりやすい」という共通点があるので、インスタグラムに力を入れている方なら、ぜひPinterestも活用してみてください。

ツイッターやインスタと比較したPinterestを使うデメリット

ツイッターやインスタと比較したPinterestを使うデメリット

SNSのメリットが利用できないのが、ピンタレストの主なデメリットです。

▼Pinterestヘビーユーザーが考える、ツイッターやインスタと比較したPinterestを使うデメリットはこちらです。

  1. 内容がどんなによくても画像で興味が引けないと拡散されにくい
  2. ピンが拡散されるのに時間がかかる
  3. ピンタレストはフォロワー数の多さを利用しにくい

デメリット①:内容がどんなによくても画像で興味が引けないとピンタレストで拡散されにくい

たとえリンク先がどんなに素晴らしい内容だったとしても、ピンの画像がイマイチだと拡散されにくいのがピンタレストの欠点です。

逆に言うと、リンク先の内容がイマイチでもピンが魅力的だったり興味をひく画像なら、クリックされたりリピンしたりされやすくなります。

よりクリックやリピンされやすい魅力的なピンを作るためにはCanvaStencilSpark Postなどのデザインツールにあらかじめ用意されているテンプレートを使ってピンタレスト用の画像を作るのがオススメです。

  • 写真やイラストと文字を組み合わせて、画像を見ただけで内容が伝わるピンを作成する
  • スマホで表示した時でも読みやすいよう、文字の大きさに気をつける(文字が小さすぎると読まれない)
  • 同じ内容で数種類のピンを作って、どのピンが反応が高いか試してみる

Creative MARKETDesign Cutsでもデザイン性に優れたテンプレートが購入できます。

デメリット②:ピンタレストはピンが拡散されるのに時間がかかる

TwitterやInstagramなら話題の投稿は短時間で多くのユーザーに拡散されますが、ピンタレストはピンが拡散されるのに時間がかかります。ピンの寿命は長いですが、即効性はないと考えておいた方がいいでしょう。

SNSと比べると、ピンタレストは短期間で成果を出したいキャンペーンなどには不向きです。特定の時期に合わせてピンを作る時は、遅くても数ヶ月前からピンを準備する必要があります。

デメリット③:ピンタレストはフォロワー数の多さを利用しにくい

メリットでも解説したように、ピンタレストはフォロワー数よりピンやボードのクオリティが重要です。言い換えるとフォロワー数が増えても、TwitterやInstagramのようにフォロワー数の力を利用して自分のピンをリピンされやすくするのはやや難しいです。

もちろんフォロワー数が多ければ、自分のピンがより多くのフォロワーのフィードに表示されるのでリピンされるチャンスは増えます。が、自分の名前と写真だけがピンの下に小さく表示されるだけなので、フォロワーの興味を引くことができなければスルーされるでしょう。

ウェブサイトやブログの集客にピンタレストを利用したいけど忙しくて手が回らない!という方が最低限やっておきたいこと

ウェブサイトやブログの集客にピンタレストを利用したいけど忙しくて手が回らない!という方が最低限やっておきたいこと

「ピンタレストがウェブサイトやブログへの集客に良さそうなのはわかったけど、今はピンタレストまでやっている時間はない」という方でも最低限やっておいて損はないことはこちらです。

メリットとデメリットを理解してピンタレストを使い始めよう

この記事を読んでメリットとデメリットを理解したら、ぜひアカウントをつくってピンタレストを使い始めてみてください。

自分のウェブサイトに集客するためのピン作りも大切ですが、自分の好きなピンを集めるのももちろん楽しいですし、他ユーザーがどんなボードに自分のピンを保存しているかチェックしたり、ただただ美しい写真を眺めて癒されるのもオススメです。

ピンタレストはインスタグラムやツイッターと何が違うの?メリットとデメリットをヘビーユーザーが解説
▲いいね!と思ったらぜひピンしてください

▼当ブログのピンタレスト関連記事はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください