期間限定で最大99%オフ! お得なデザインバンドル情報はこちら

フリーランスデザイナーが自分の考えを言葉で伝えるのが大切な理由4つ

フリーランスデザイナーは言葉が大切!

こんにちは! Keiko(@kmy_design)です。

この記事でついに30記事目!まだまだ少ないけど、長い道のりだった…!

▼(追記)ブログを半年続けた感想はこちら。

THANKSブログを半年続けたメリット・デメリット【ライティング下手なデザイナー目線で解説】

正直ブログを書くのがこんなに大変だとは思わなかったです。

クッキー

じゃあ、何でブログを書き始めたの???

それは、デザイナーはデザインだけできればいいってわけじゃない、言葉で伝えることも大切だと感じたからです。

今回はなぜデザイナーでも言葉で伝えることが大切なのかについて書きたいと思います。

それではさっそく見ていきましょう。

自分の考えを言葉で伝えるのは、デザインと同じかそれ以上に大切だから

あなたが思っていることを正しく伝えるためには言葉とイメージ、両方大切です!

自分を売り込むため、仕事を円滑に進めるために必要

デザイナーはデザインだけできればいいという時代はとっくに終わりました。

特にフリーランスデザイナーは、何が得意で、何が出来て、どんな風にお客様の役に立てるかを自分で説明する必要があります。

金額交渉も、トラブルが起きた時の対処も、全て自分でやらないといけません。

イメージだけでは情報不足の場合も

クライアントに、過去の作品だけ見せて「どうだ!すごいだろ!」と言っても、クライアント側は「問題をそのデザインでどうやって解決したか」や「目的を達成するためのポイント」がわからないので、「このデザインの何がどうすごいのかわからない」んです。

「イメージ+言葉による説明」のコンビネーションでデザインの意図を正しく伝える

例えば作品のそばに

居酒屋のためにメニューをデザイン。以前のメニューは写真が少なく注文に時間がかかっていたので、今回は写真を多く使った。以前は一冊にまとめてページ数が多く探しづらかったメニューを、今回はドリンクメニューと食べ物のメニューに分けた。お客様が注文しやすくなり、その結果客単価があがった。

と説明があるとどうでしょう?

イメージしやすいだけでなく、作品だけ見ていては気づかない点まで伝えることができます

イメージの受け止め方は人それぞれ。なので説明を加えて解釈を助けたり、誤解を解いたりするのに言葉を使います。

「イメージ+言葉による説明」はデザインのポイントを正しく伝えるために両方必要です。どちらか一方だけでは伝えきれません。

情報はあっという間に古くなるから

古いゲームで遊ぶ男性

私がデザイナーを始めた頃から比べると、個人が手に入れられる情報量は膨大な量になりました。多すぎて取捨選択が大変なくらいに!

と同時に、情報の鮮度が以前より短くなった気がします。

誰かに早く伝えておかないと、しばらくしたら「もうそれ古くない?」状態になってしまうんです。

こうなるとせっかく持っている知識も役立たず…それでは勿体無い!

技術的なことってそばで経験することが一番大切ですが、それが難しいなら言葉にして残しておけば、ある程度正しく伝わるし、保存して後からいつでも読み返すことができます。

個人でもネットの力で簡単に自由に発言できるようになったから

ネットで話すカップル

SNSで誰かと繋がったり、自分のホームページを持つことなんて、20年くらい前にはできなかったことが今では簡単にできます。

セレブではない一般人でも、フォロワーがたくさんいて、発言に影響力がある人が大勢います。

私のブログはまだ記事数も少なく閲覧回数も微々たるものですが、それでも記事を読んでリツイートしてくださる方がいたりして、本当に嬉しいんです!

私にはそんな大きな影響力は必要ありません。が、世界中の人が行き来する場で自由に発言する機会があるなら、それを見逃すのはもったいない気がします。

自分の頭の整理も兼ねて、「これはきっと将来、誰かが必要としているはず!」と思える情報を中心に発信できたらと思っています。

「誰かに伝える」ことで自分も勉強できるから

ネットだけでなく、直接話を伝える機会も大切です!

自分の知識がしっかりしていないと、誰かに教えることはできません。

「誰かに伝える」ことで知識を再確認し、自分のものにすることができます。

今まで新入社員に教える機会がたくさんありました。

最初は私にできるのか不安でしたが、何回も基本を伝えていくうちに自然と自分も基礎を復習していることに気づきました。

しかも驚いたことに、何回も繰り返すことで「こういう言い方が効果的かも」「この順番の方が理解が速そう」など、伝えるプロセスも無意識のうちに改善していました。

何かをしっかり身に付けたいなら、「誰かに伝える」のは有効な方法ですよ。

さいごに&まとめ

帰り際の男性 とはいえ言葉で伝えるって難しい
ブログを30記事書いて思ったのは「言葉で伝えるって本当に難しい」ということ。

特に、今まで頭の中で漠然と思っていたことをわかりやすい言葉でまとめるのが至難のワザということを再確認しました。

Keiko

小説家とかライターとか、一体どうやって文章を組み立てたり書いたりしてるんでしょう…???

私にはまだまだ練習が必要なようです。頑張ります!