最新情報を配信!メルマガ登録者募集中です

日本語オンラインチューターがフリーランスの副業にオススメの7つの理由

オンライン日本語レッスン

こんにちは! Keiko(@kmy_design)です。

デザイナー業のかたわら、日本語チューターも時々やっています。

フリーランスの生活基盤って不安定になりがちですが、そんな中でも日本語チューターは他の仕事と両立させやすく、細く長く続けることができるので副業にぴったり。

本記事では、日本語チューターがフリーランスの副業にオススメの理由を説明します。

それでは早速見ていきましょう。

日本語オンラインチューターがフリーランスの副業にオススメのわけ

オンライン日本語レッスン

わたしが考える、日本語オンラインチューターがフリーランスの副業にオススメのわけはこちらです。

    • 理由①日本語オンラインレッスンは時間の融通がきく
    • 理由②日本語オンラインレッスンは初期費用がほとんどかからない
    • 理由③日本語オンラインレッスンはすぐに始められる
    • 理由④日本語オンラインレッスンはすぐにやめられる
    • 理由⑤日本語オンラインレッスンはネット環境があればどこでもできる
    • 理由⑥日本語オンラインレッスンはうまくやれば二つ目の副業にもできる
    • 理由⑦日本語を教えることが英語の勉強にもプラスになる

わたしは今のところ日本語教師になる気はありませんので、日本語の基礎をある程度学習した後、会話の練習相手が欲しい方を中心にレッスンをしています。

理由①日本語オンラインレッスンは時間の融通がきく

日本語オンラインレッスンは時間の融通がきく

日本語オンラインレッスンは時間の融通がききやすく、他の仕事と両立させやすいのが大きなポイントです。わたしはデザインの仕事がヒマな時期にレッスン時間を長くしています。

わたしがオンラインレッスンを受けた英語の先生の中にも、本業がヒマなときに副業で英語を教えている、という方がかなりいました。

突然ヒマな時間ができた時も、インスタント・レッスンができるように設定しておくと、今すぐレッスンを必要としている生徒に教えることができます。

理由②日本語オンラインレッスンは初期費用がほとんどかからない

日本語オンラインレッスンは初期費用がほとんどかからない

日本語オンラインレッスンを始めるための初期費用は、ほかの職業に比べると圧倒的に安いです。

実は日本語教師の資格がなくても始められます。わたしも持っていません。日本語教師の資格を取ろうと思うと学校に通ったり試験を受ける必要がありますが、教師の資格は、ある程度基礎を勉強した生徒の練習相手くらいなら必須というわけではないです。

資格があればもちろん有利ですが、わたしみたいな日本語教師経験のない日本人と、教科書っぽくない普通の会話を練習したいというニーズも常にあります。

ある程度の英語力はあった方がいい

オンラインで日本語を教えるなら、生徒と英語でのやりとりが必須になります。

急に用事が入った生徒がキャンセルの相談をしてきたり、レッスンについて質問メッセージが届いたりしますが、英語で連絡をとった方が早いし確実です。

理由③日本語オンラインレッスンはすぐに始められる

日本語オンラインレッスンはすぐに始められる

オンラインレッスンサイトに先生として登録し、パソコンやタブレット、スマホにskypeをインストールすれば準備完了!あとはレッスンサイトの審査に通過し、レッスンの予約が入るのを待てばOKという気軽さです。

会話の相手をする程度なら、特に資格も必要ありません。わたしも資格は持っていないので、すでに基礎を学んだ方の会話の練習相手をしながら、間違いを指摘したりほかの表現を教えたりしています。

ここまですぐに、リスクなしで始められるビジネスはなかなか見つかりません。

理由④日本語オンラインレッスンはすぐにやめられる

日本語オンラインレッスンはすぐにやめられる

初期投資がかからない分、上手くいかない、合わないと思ったらすぐにやめられるのも日本語チューターのメリットです。一度チャレンジしてみても損はしないでしょう。

チューターに向いている方

わたしが考える、チューターに向いている方はこんな方です。

苦労しながら外国語を学んできた方

外国語を話すときに緊張してしまう人、間違いをおそれてなかなか言いたいことが言えない人はたくさんいます。そういう生徒の気持ちがわかるのは、自分自身も苦労して外国語を学んできた方です。

自分の経験から「きっとこんなことが言いたいんだろうな」と推測できるのも強みです。

聞き上手な方

オンラインレッスンでは、生徒にたくさんしゃべらせることが大切です。自分があれこれ説明してしまっては、生徒が話すチャンスが減ってしまいます。

生徒が話せるようになりたいことや、ちょっと苦手で練習が必要な文法を自然に使える質問をたくさんしましょう。

生徒にペースを合わせられる方

体調やトピックなどによって、同じ生徒でもスラスラ話せるときとそうでない時があります。生徒のペースにあわせて早く進めたり、逆にじっくり進めたりして調節しましょう。

またレッスンに関係ない話題でも、生徒ががんばって話したそうな場合は聞いてあげることも大切です。生徒が好きな話題を覚えておけば、後日レッスンのテーマに悩んだときに役立ちますよ。

理由⑤日本語オンラインレッスンはネット環境があればどこでもできる

日本語オンラインレッスンはネット環境があればどこでもできる

オンラインレッスンはネット環境があれば、どこからでもできます。通勤時間も不要で、移動にかかる時間と交通費はゼロです。

もしあなたの住んでいる場所で職探しがうまく行かない場合は、オンラインで日本語を教えてみてはどうでしょうか?世界中の生徒を相手にオンラインでレッスンしてお金を稼ぐことができますよ。

また、ちょっと体調が不安定な時でも、オンラインレッスンなら自宅でできるのもうれしいですね。もし風邪をひいていたとしても、生徒に風邪をうつす心配も無用です。

理由⑥日本語オンラインレッスンはうまくやれば二つ目の副業にもできる

日本語オンラインレッスンはうまくやれば二つ目の副業にもできる

日本語オンラインレッスンは基本的に自由にレッスン時間を設定できるので、2つ目、3つ目の副業にも向いています。不安定なフリーランスが異なる収入源を確保したい時に、オンラインレッスンは有力候補になることでしょう。

Keiko

スキマ時間に少しずつ続けるだけでも、チリも積もれば山となるで、結構いい金額になります

理由⑦日本語を教えることが英語の勉強にもプラスになる

日本語を教えることが英語の勉強にもプラスになる

日本語を教えることが、自分自身の英語の勉強にもプラスになります。

英語で生徒と連絡をとったり、彼らが何に注意を払っているか、どこでつまづきやすいか知ることで、英語を学ぶポイントがわかります。

わたしが痛感したのは、発音の大切さです。

生徒2、3人から、わたしが話す時の「です」が「desu」と「des」の時があるが、違いはあるの?と聞かれ、ネイティブピーカーは日本人よりも音をしっかり聞いていることを、身をもって実感しました。

さいごに&まとめ

帰り際の男性

日本語をオンラインで教えることに興味があれば、こちらの記事も参考になりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください