90%オフは当たり前!? いま買える期間限定デザイン素材バンドルまとめ

The Legacy MuseumとThe National Memorial for Peace and Justiceに行ってきました【アメリカ・アラバマ州】

Memorial

こんにちは! Keiko(@kmy_design)です。

旅行好きで、これまで日本とアメリカに加えて7カ国(イタリア・エジプト・オーストラリア・韓国・シンガポール・台湾・メキシコ)を訪れました。

2019年3月に、アメリカ・アラバマ州のモンゴメリー(Montgomery)という町にある「The Legacy Museum」に行ってきました。主に黒人奴隷の歴史とリンチについてまとめた資料や映像が見られるミュージアムです。「The National Memorial for Peace and Justice」はミュージアムに関連したメモリアルです。

この記事の見どころ
  • The Legacy MuseumとThe National Memorial for Peace and Justiceの基本情報
  • 訪れる時の注意点とオススメ関連スポット

では、早速みていきましょう。

(Disclosure:記事内のリンクの一部はアフィリエイトリンクです。詳しくはプライバシーポリシーをお読みください。)

The Legacy MuseumとThe National Memorial for Peace and Justiceのアクセス、営業時間など

The Legacy Museum

The legacy museum

ミュージアムの目印は壁に書かれた巨大メッセージです。ちなみに手前に写っている駐車スペースには一般客は駐車できません。

施設名 The Legacy Museum
住所 115 Coosa St, Montgomery, AL 36104
TEL 1.334.386.9100
営業時間 月・水・木・金・土:9:00 a.m. – 7:30 p.m.
日:9:00 a.m. – 6:00 p.m.
休館日 毎週火曜日・サンクスギビング・クリスマス・元日
入場料 6歳以下:無料
学生:5ドル
大人:8ドル
62歳以上:5ドル
(チケットは閉館1時間前まで販売)
The National Memorial for Peace and Justiceとのコンビネーションチケットならお得です。
WEB https://museumandmemorial.eji.org/museum

The National Memorial for Peace and Justice

Memorial

施設名 The National Memorial for Peace and Justice
住所 417 Caroline St, Montgomery, AL 36104
TEL 1.334.386.9100
営業時間 9:00 a.m. – 5:00 p.m.(最終入場は4:30まで)
休館日 毎週火曜日・サンクスギビング・クリスマス・元日
入場料 6歳以下:無料
学生:5ドル
大人:5ドル
62歳以上:5ドル
The National Memorial for Peace and Justiceとのコンビネーションチケットならお得です。
WEB https://museumandmemorial.eji.org/museum

両方訪れるならコンビネーションチケットがお得

The Legacy Museumを訪れるなら、The National Memorial for Peace and Justiceにもぜひ足を運びましょう。コンビネーションチケットを購入すれば、同日に2ヶ所確実に訪問できます。

6歳以下:無料
学生:7ドル
大人:10ドル
62歳以上:7ドル

The Legacy MuseumからThe National Memorial for Peace and Justiceまでは徒歩16分です。

The National Memorial for Peace and Justiceのほうは時間指定は特にないので、ミュージアムの前でもあとでも自由に訪問できますよ。

The Legacy MuseumからThe National Memorial for Peace and Justiceへの行き方マップをダウンロードする

The Legacy Museumとは?The National Memorial for Peace and Justiceとは?

町はのんびりしていますが、ミュージアムとメモリアル周辺だけは人だかりができるほど。子供からお年寄りまで訪れる観光スポットです。

The Legacy Museumは2018年4月にオープンしました。主に黒人奴隷の歴史とリンチについての資料と映像が見られ、現在起こっている問題についても提起するミュージアムになっています。

The National Memorial for Peace and Justiceも2018年4月にオープン。ミュージアムと関連した、リンチについてのメモリアルです。まるで美術館のようなつくりになっています。

The Legacy MuseumとThe National Memorial for Peace and Justiceを訪れる時の注意点とオススメ関連スポット

The Legacy Museumに行く前に知っておきたいお得な情報と注意点はこちらです。

ミュージアムはチケットの事前予約が必要

ミュージアムのチケットは事前予約が必要です。予約なしで行くこともできますが、チケットは先着順になるので購入できない可能性があります。メモリアルの方は好きな時間に入れます。

The Legacy MuseumとThe National Memorial for Peace and Justiceを確実に同じ日に見学したいなら、コンビネーションチケットの予約がオススメです。

チケットを購入し、受付でプリントしたチケットを見せるかスマホでバーコードを表示すればOKですよ。

入館時に荷物検査あり

ミュージアムとメモリアルの入館時には手荷物検査があります。

ミュージアムの方はショルダーバッグも、ポケットのファスナーまであけて細かくチェックしていたので、忙しい時間帯は入館だけで結構時間がかかりそうな感じでした。一方メモリアルの方は陽気なおっちゃんたちが検査していて、ミュージアムよりは雑でした。

大きな荷物などは車においてくるほうがいいと思います。

ミュージアム館内は撮影禁止

ミュージアム内の撮影は一切禁止です。知らずに撮影した方は、周囲のスタッフにすぐに注意されていました。携帯を持って行くのはOKですが、館内では写真をとらないように気をつけてくださいね。

メモリアルの方は写真撮影OKです。

ミュージアムは小さいけど混み合うので時間に余裕をもって訪れよう

ミュージアムは小さいのでかなり混み合います。わたしが訪れた日はスクールトリップの団体もいましたが、それ以外の一般客も大勢来ていました。前後の人の邪魔をしないよう少しずつ移動しながら展示物を見る感じです。

史実を知るために、けっこうなボリュームの英文を読む必要があるので、かなり時間がかかりました。

メモリアルの方は広々とした公園のような感じなので、多少人が多くてもゆったり鑑賞できますよ。

The National Memorial for Peace and Justiceの見どころ紹介

ミュージアムの方は撮影禁止だったので、ここではThe National Memorial for Peace and Justiceの見どころを写真と共に紹介していきます。

▼入り口からすぐの所には銅像があります。平日の昼間なのに、ひっきりなしに人が入ってきます。

The National Memorial for Peace and Justice

▼リンチについての説明文を読みながら、壁にそって通路を進んでいきます。

The National Memorial for Peace and Justice

▼人の背丈よりも高い鉄のブロックが無数に並んでいます。

The National Memorial for Peace and Justice

▼一つ一つに州名・郡名とリンチで亡くなった人の名前と亡くなった日が刻まれています。

The National Memorial for Peace and Justice

▼歩き進むうちに通路とブロックが離れていきます。

The National Memorial for Peace and Justice

▼ついにブロックが完全に頭上にある状態に。ブロックの底には州名・郡名が刻まれています。

The National Memorial for Peace and Justice

▼壁づたいに水が流れています。ここは写真撮影スポットになっていました。

The National Memorial for Peace and Justice

▼壁づたいに水が流れています。ここは写真撮影スポットになっていました。

The National Memorial for Peace and Justice

▼天井からぶら下がったブロックを見終わったら、中庭へ。

The National Memorial for Peace and Justice

▼中庭を取り囲むように無数のブロックが並んでいます。

The National Memorial for Peace and Justice

▼中庭を抜けて、記念碑の周りを歩きます。

The National Memorial for Peace and Justice

▼先ほどまでぶら下がっていたブロックが、今度は地面にずらっと並べられています。

The National Memorial for Peace and Justice

The National Memorial for Peace and Justice

▼銅像なども見ながら進んでいきます。

The National Memorial for Peace and Justice

The National Memorial for Peace and Justice

▼出口付近から記念碑を撮影。晴れた日には素敵な写真が撮れますよ。

The National Memorial for Peace and Justice

まとめ:場を離れたあとも考えさせられる資料や映像は必見

上の画像は実際にリンチがおこなわれた場所を訪れて土を瓶に入れ、それを集めて並べたものです。ミュージアム内で実物を見ることができますが、その数の多さにぼう然としてしまいました。

The Legacy Museumは史実を紹介するだけでなく、現在起こっている問題にも鋭く切り込んでおり、その場を離れたあとも色々と考えさせられるミュージアムでした。

The National Memorial for Peace and Justiceとあわせて、近くに行った際はぜひ訪れてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください