ブログ未掲載サイトあり!無料デザイン素材配布サイト(+おまけ)リスト公開中

ピンタレストで毎日ピンを続けるための7つのアイデア【初心者でも続けやすい】

ピンタレストで毎日ピンするためのアイデア

Pinterestで毎日ピンするのがいいのはわかっているんだけど、なかなか続かないよね…

 

短時間でたくさんピンするアイデアを教えてほしいな。

こんにちは! Keiko(@kmy_design)です。

先日わたしのピンタレストアカウントの月間閲覧者数が100万人を突破しました。

参考 KeikoのPinterestアカウントPinterest

この記事ではPinterestのヘビーユーザーが、毎日ピンを続けるための7つのアイデアをご紹介します。

毎日ピンすることで他ユーザーの目にとまりやすくなり、月間閲覧者数やフォロワーが増えやすくなりますよ。わたしのアカウントも毎日ピンすることで、どんどん閲覧者数やリピンが増えています。

では、早速みていきましょう。

(Disclosure:記事内のリンクの一部はアフィリエイトリンクです。詳しくはプライバシーポリシーをお読みください。)

ピンタレストで毎日ピンを続ける7つのアイデア

ピンタレストで毎日ピンを続ける7つのアイデア

ヘビーユーザーが続けている、毎日ピンするアイデアはこちらです。

  1. フォローしているお気に入りユーザーのピンを保存する&ボードを真似する
  2. 自分のインスタグラムやYouTube、ブログなどからピンする
  3. 保存先のボードは厳密に決めなくてもOK
  4. 同じピンを複数のボードに保存する
  5. 同じURLだけど写真が違うピンを作成する
  6. 他ユーザーからリピンされているものと同じジャンルのピンや似たピンを作成する
  7. 便利なアプリやサービスを使ってスキマ時間を有効活用する

①フォローしているお気に入りユーザーのピンを保存する&ボードを真似する

フォローしているお気に入りユーザーのピンを保存する&ボードを真似する

時間をかけずにピンを集めたいなら、お気に入りユーザーのピンを自分のボードにリピンするのが簡単で確実な方法です。

素敵なユーザーを見つけたら、忘れずにフォローしておきましょう。ピンはもちろん、どんなボードを持っているかやボードの内容などもチェックすると、思いがけないヒントが得られるかも。

インスタグラムやTwitterではフォロー数よりフォロワー数を増やしたい人が多いと思いますが、ピンタレストではフォロー数がフォロワー数より多い人がたくさんいます。他ユーザーをフォローすればするほど素敵なピンが集まりやすくなるので、毎日続けやすくなりますよ。

②自分のインスタグラムやYouTube、ブログなどからピンする

自分のインスタグラムやYouTube、ブログなどからピンする

「インスタで忙しいから、Pinterestまでやってる時間ないんだけど」という方には、インスタグラムの投稿をピンするのがオススメです。

INSTAGRAM からピンを作成する方法

Pinterestの設定画面に自分のインスタアカウントを登録すれば、インスタの投稿を保存したときに、自動的にインスタへのリンクが貼られます。

Instagram、Etsy、YouTube のアカウントを確認する

せっかくインスタをがんばっているなら、ピンタレストにも投稿を保存して、少しでもたくさんの人に自分のアカウントを見てもらえるようにしましょう。Pinterestなら少し前の投稿でもユーザーに見てもらえることが多いですよ。

ほかにも自分のYouTubeチャンネルやEtsyアカウントも登録できます。

③保存先のボードは厳密に決めなくてもOK

保存先のボードは厳密に決めなくてもOK

このピン、どこに保存しようかな…と迷うことってありますよね?でも、あまり厳密に保存先を決めなくても大丈夫。最初はあまり深く考えず、自分の直感で決めてOKです。気になるようなら、保存先はあとから自由に変更できますよ。

また、もし保存先を間違えていたとしても、ピンタレストがいい感じにピンに関心のありそうなユーザーに画像を表示してくれます。

キーワード検索のアルゴリズムにも特徴が

Pinterest上でキーワードを入力して、画像を検索することもできます。

Pinterestの検索で面白いのは、検索窓に入力した文言が含まれていないにも関わらず関連性の強い画像も上位に表示されるという点です。

例えば「東京」というキーワードをPinterest上で検索にかけると、画像のタイトルやディスクリプションに「東京」という文言が含まれていない画像も沢山表示されます。

これは、リピン先のユーザーのボードに入っているキーワードも検索対象となっているため起こる現象だそうです。例えば「東京」の例だと、「東京」という言葉を含むボードに沢山リピンされている画像が表示されやすくなる、という仕組みです。

もちろんそれだけではなく検索のアルゴリズムは非常に複雑ですが、そういった形で画像のキーワードがユーザー主導で成形されていくので、非常に関連性の精度が高い画像が表示されやすくなっています。

日本で使われ始めた当初は英語メインでしたが、今は言語設定をすれば日本語の検索結果が優先的に表示されるようになっており、利便性も向上しています。

引用元:Pinterest(ピンタレスト)とは?インスタグラムとの違いや基本的な使い方を知ろう

例えばわたしはラベンダーの画像をなぜか「Template(テンプレート)」というラベンダーと全く関係ない名前のボードに保存しているのですが、毎日5人前後のユーザーがピンを発見して「ラベンダー」や「花」などのボードに保存しています。

ピンの保存先はパパっと決めてしまって、ほかの作業に時間をかけるのがオススメです。

④同じピンを複数のボードに保存する

同じピンを複数のボードに保存する

同じピンを複数のボードに保存していいってご存知でしたか?

例えば毎日10ピン作ってそれぞれ2つのボードに保存すれば、それだけで10✕2=20ピン保存できます。「毎日たくさんピンしなきゃいけないのが大変!」と思っている方に、特にオススメの方法です。

わたしも同じピンを複数のボードに保存して、どのボードに保存したピンが反響が多いか試したりしています。

もちろん過去に保存したピンから、よく見られているものやリピンが多いものを探してリピンしてもOKです。同じピンでも保存先のボードが違うだけで結果が違うことがあるので、積極的に複数のボードにピンしてみましょう。増えすぎたなと思ったら、あとで削除することもできます。

⑤同じURLだけど写真が違うピンを作成する

同じURLだけど写真が違うピンを作成する

同じURLで複数のピンを作成してもOKです。同じような写真でも、少し撮影の角度やアレンジが違うだけでユーザーの反応がまったく違います。

Pinterest 以外のサイトからピンする方法

たとえば同じバッグでも、色違いや角度違い、モデルが持っている写真などのバリエーションを用意して、どんなピンがクリックされやすいか試してみるといいでしょう。

pin

pin

pin

毎回どんなピンを保存しようか悩んでいる方は、同じURLからたくさんピンを作れないか考えてみるといいですよ。

⑥他ユーザーからリピンされているものと同じジャンルのピンや似たピンを作成する

他ユーザーからリピンされているものと同じジャンルのピンや似たピンを作成する

ほかのユーザーからリピンされやすいピンやボードを発見したらチャンスです。似たピンや同じジャンルのピンが増やせるなら、ぜひ集中して集めてみましょう。ボード内にピンがたくさんあれば、他ユーザーがじっくり見たりリピンしたりする確率が高くなります。

同じようなピンばかり保存していてもつまらないのでは?と思うかもしれませんが、同じようなピンがたくさん集まるとボードの方向性がハッキリし、他ユーザーにも意図が伝わりやすくてオススメです。

特にピンタレストを始めたばかりのころは似たピンを集中して保存すると、目標が明確になってピンが集めやすいというメリットもあります。毎日作れるピンの数が限られていても、ボードを限定すれば一週間でかなりたくさんピンが集まるはず。

ピンが増えてボードが充実すれば、同じユーザーに一度に10枚以上リピンされることもよくあります。

⑦便利なアプリやサービスを使ってスキマ時間を有効活用する

便利なアプリやサービスを使ってスキマ時間を有効活用する

「毎日決まった時間をPinterestにあてられないけど、どうしたらいいんだろう?」と思っている方にオススメなのはBufferやTailwindなどのサービス。自分が指定した時間にPinterestにピンを投稿してくれるので、毎日自分でピンする必要がなくなります。

例えば月曜日に一週間分のピンを登録したり、スキマ時間に次に投稿するピンを予約したり、色々な使い方ができます。わたしは現在(2019年2月)Bufferを使っていますが、同じ投稿をFacebookとTwitterに一度に送信できて便利です。

ほとんどが無料お試し期間を設定しているので、気になるものがあれば無料で使い心地を試してみましょう。

さいごに&まとめ

帰り際の男性

Pinterestでは毎日ピンを続ければ続けるほど、いいことが起こる確率がアップします。

とくに閲覧者数は突然伸びるタイミングがあるので、がんばって続けてみるといいことがありますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください