【12月17日まで】総額1100ドル相当のデザイン素材集が5ドルで販売中

クラウドワークスPRO CROWD WORKERの認定基準とメリット

宇宙飛行士とロケット

こんにちは! Keiko(@kmy_design)です。

突然ですが私、クラウドワークスPRO CROWD WORKERに認定されました!

クラウドワークスの使用頻度はあまり高くなかったので、まさか認定されるとは…いちばんビックリしたのは自分です。

「プロ」認定されて嬉しい反面「プロクラウドワーカーって何?」状態だったので、自分なりに色々調べてみました。

今回はプロクラウドワーカーに認定される基準やメリットについて、新米プロクラウドワーカーが書きたいと思います。

では、早速みていきましょう。

どうやったらプロクラウドワーカーに認定されたことがわかるの?

おめでとうございます!「プロクラウドワーカー」新規認定のお知らせ<クラウドワークス>

という件名のメールが届きます。メールの冒頭部分はこんな感じ。

Moe(私の登録名)様

いつもクラウドワークスをご利用いただき、ありがとうございます。
クラウドワークス プロクラウドワーカー制度運営事務局です。

おめでとうございます!
「プロクラウドワーカー」の定期認定審査をおこなった結果、Moe様が2018年4月度審査でプロクラウドワーカーに認定されましたことを、お知らせいたします。(以下略)

あとはプロクラウドワーカーとは何ぞやとか、事務局がワーカーにチェックしてほしいことなどが書かれています。

クラウドワークスPRO CROWD WORKERとは?

認定された方の多くが、報酬アップしています。

プロクラウドワーカーの定義はこんな感じです。

プロクラウドワーカーとは、全クラウドワーカーの中から定められた基準を満たした人だけを選抜した、仕事能力の高いプロフェッショナル集団です。
プロクラウドワーカーになると、仕事が集まりやすいため、収入向上も期待できます。

収入向上?本当に収入あがったら嬉しいな〜。

クラウドワークスPRO CROWD WORKERの認定基準は?

プロクラウドワーカーの認定基準

認定基準は以下の6つです。

  1. 納品完了率(固定報酬制) 90%以上(過去1年間)
  2. 総合評価 4.8以上(過去累計)
  3. 獲得報酬額 月間200位以内(過去1年間で1回以上)
  4. スカウト数 5回以上(過去1年間)
  5. コミュニケーション評価 4.8以上(過去累計)
  6. プロフィール&自己PR 入力済(過去1年間)
認定審査は三ヶ月ごとです。

ではこれから1つ1つ、順を追ってみていきましょう。

認定基準①納品完了率(固定報酬制) 90%以上(過去1年間)

納品するのは仕事の基本!これは難しくないと思います。

認定基準②総合評価 4.8以上(過去累計)

これ、結構ハードル高いですよね。一時的にこの数字をたたき出すのは意外と難しくないですが、維持し続けるのはかなり大変そうです。

認定基準③獲得報酬額 月間200位以内(過去1年間で1回以上)

多く稼いだ月で12万くらいだった気がします。でも、それ以外の月はそんなに稼いでいません。リピーターを複数抱えているワーカーや、一回の仕事の金額が大きい方なら、この項目はそんなに難しくないと思います。

認定基準④スカウト数 5回以上(過去1年間)

これも一見ハードルが高いような気がしますが、「プロクラウドワーカーを探す」ページをよく見ると、受注実績4回以下のプロクラウドワーカー、つまりスカウト数が基準を満たしていないワーカーも多数掲載されています。

※条件を一部満たしていない場合でも、特例としてプロ認定される場合があります。

とのことなので、これもあまり気にせずに一件一件着実にこなしていけば、スカウト数が5回未満でもプロに認定されるチャンスは十分あります!

認定基準⑤コミュニケーション評価 4.8以上(過去累計)

一件一件確実にこなしつつ、こまめな連絡、相手を気遣ったコミュニケーションを続けていけば達成できると思います。

クライアントとのコミュニケーションについては、こちらの記事が参考になります。

クラウドソーシングでクライアントから高評価をもらう6つのコツ【結果を残し次の仕事へ】

認定基準⑥プロフィール&自己PR 入力済(過去1年間)

これはすぐ取りかかれる項目ですね!私の経験から言うと、プロフィールをしっかり書いた方がメッセージを多くもらえます。

メンバー情報欄の書き方については、こちらの記事が参考になります。

クラウドソーシングサイトのプロフィール文章を考える女性初心者でもすぐに採用率がUPする!クラウドワークスメンバー情報の書き方

クラウドワークスPRO CROWD WORKERのメリット

 

人選する人クラウドワークスのウェブサイトによると、プロクラウドワーカーはこんなメリットを得られるそうです。

  • プロクラウドワーカーマークを表示
  • 専用ページへの掲載
  • 案件を優先紹介
  • クラウドワークスがアピール
プロクラウドマーカーワーク表示はこんな感じです。

専用ページへの掲載はこんな感じ。

「案件を優先紹介」と「クラウドワークスがアピール」に関しては、プロになったばかりなのでまだどんなメリットなのかわかりません。もしメリットを実感できればお伝えしたいと思います。

知ってましたか?

プロクラウドワーカー表示は無効にできるようです。

※プロクラウドワーカー表示を無効にする場合は、「無効にする」ボタンをクリックしてください。

無効にするメリットは何だろう…「副業していることをバラしたくない(プロ認定されると注目率がアップするから)」とか?私の推測はさておき、もし選ばれたとしても表示を無効にすることもできます。

クラウドワークスPRO CROWD WORKERに関する私の考え

砂漠旅行

プロクラウドワーカーでい続けることがいちばん大変!

おそらく頑張れば誰にでもプロクラウドワーカーになるチャンスはあるでしょう。ですが、それを維持し続けるのはかなり大変そうです。私も三ヶ月後はプロじゃなくなっているかも。

「プロクラウドワーカーでいること」を目的にしない方がいい

これは私個人の考えですし、認定されたのにこんなことを言うのはアレですが、この制度にあまり縛られない方がいいと思います。

というのも、私自身「そういえば基準満たしてたんだ」と、プロに認定されてから気づいたので。

プロになったから何か特別なことができる訳でもありませんし、一件一件のお仕事に真摯に向き合うことで得られた結果です。プロクラウドワーカーであってもなくても、一生懸命仕事をすればいいだけです。そうすれば結果は自然とついてきます。

さいごに&まとめ

帰り際の男性 何はともあれ、せっかく認定していただいたので、メリットを受けつつ仕事の方も頑張ります!

プロクラウドワーカーのメリットがわかれば、またブログに書きたいと思いますので、お楽しみに。